So-net無料ブログ作成
検索選択

決断 [日記-仕事]

「タウリン(私のことです)、お前はいよいよ辞められんようになったぞ」

2月8日の朝、部長にこう切り出されました。。。

うちの部長も私も毎日始業の約1時間前には出社していて、
(私の場合はフレックスなのですが・・・)
他の誰もまだ出社する前に2人で例の話をしました。

例の話とは、副部長が突然東京ホテル転職するって言い出して、
通常は私がそのまま引き継げばいいのですが、私は私で半年以上前から
別のホテルに転職する計画があってもうすぐ退職するつもりだったって話です。

「え、辞められない?何で?先に辞めた者勝ちですか?」
私は心の中で、こう思ったのですが言葉を噛みしめてしばし沈黙でした。

部長は更に、「タウリンがもし辞めようとするなら、できるやろうけど次に誰もおらんから強引に辞める方法しかなくて、後味の悪い辞め方になってしまうぞ」と続けました。

「・・・そ、そうなってしまうのですか」私は愕然としました。

「昨日の夕方、○○(副部長)の意思は変わらないし、退職ってオフィシャルになった。GMから本部の方にも連絡したし、第一○○(副部長)の後任はお前って伝えてある。だから、お前まで辞めようものなら誰か引き継ぐスタッフを見つけなきゃいけない。でもいるか?おらんやろ?どこ探しても(今は)おらんよ。退職の話は断ってもらうしかない状況になってしまった。ちょっと冷静になって考え直してみてくれ」

世の中こんなものなのでしょうか???

部長の気持ちも良く解るし、部長には義理もあるのは確か。
かなり厳しい面と優しい面を持ち合わせてお世話になっているし、この人のためなら頑張りたい気持ちもある。
でも、別のホテルを立ち上げるために私を抜擢してくれた退職した元上司の期待にも応えたいし、
自分自身、そのホテルを立ち上げて軌道に乗せてみたいって思う。

「・・・困りましたね~」もはやこんな言葉しか出ませんでした。。。

部長からも「本当、困ったな~」ってしか出なくなってました。

「さぁ、どうする?」まだあまり起きていない脳を無理やりフル回転させて思い巡らせました。自分にとってどっちの道に進むべきか、妻は、子どもは、周りの皆は、ましてやここに残される他のスタッフは・・・、俺の将来は・・・

「解りました、時間はないと思いますが、少々時間をください。○○さん(退職した元上司で部長もよくご存知の方)に状況を話してみます。私の直感ではこのままここに残る方向で進めた方が、いろんな意味でいいような気がしますが、まだあまり期待は出来ませんのでご了承ください」とは言ったものの、頭も心もかなりぐちゃぐちゃでした。

部長は口頭ですが私に昇格と昇給を約束してくれているのですが、その条件次第ってもの正直あります。
どれくらいの昇格と昇給なのか・・・多分年収的には転職した方が上がると思います。ただ、周りのことを考えれば考える程、残らなければならない何か「使命感」みたいなものを感じます。

そして9時半頃モーニングブリーフィングで、副部長本人の口から全員に
「私情で退職することになりました」と告知されました。。。

「こうなったら腹をくくるしかないな・・・」

午前11:00ころ、私の職場から歩いて10分くらいの別のホテルに勤務する妻にアポを入れて、12時過ぎから40分程ランチをしながら緊急家族会議です。状況を話して「俺はこのまま残った方がいいと思う。家族のこと、周りのこと、残されるスタッフのことを考えると残るしかない。俺の年収は多分そこまで(転職するほど)上がらないと思うけど、ハウスインカムで見ると確実に上がるはずだし、将来的な展望も残った方が開けるはずだから」と自分の考えを伝えると妻はあっさり同意し、「たなぼたね」と私にふりかかるであろう重圧に対しては非常に楽観視していました。これで妻もやっと慣れて波に乗ってきた仕事を辞めずに済む。

で、次は・・・「まずいな~何て切り出せばいいんだろう・・・」元上司に連絡です。
単刀直入に状況をその背景も説明しながら伝えると、やはり冷静ではありましたが動揺は隠せない様子。
「そんな状況で非常に困っているのですが、今度お時間作っていただけませんか。詳しくは実際お会いして相談させていただきたいのですが・・・申し訳ありません、突然こんな電話で・・・」

来週2月15日の夜、アポを入れることができました。

「第一プロジェクトには参加できないってお願いするしかないな・・・果たして了承してくれるだろうか・・・」

夕方、退社する際、部長に報告。
私:「一応状況は話しましたが、来週15日の金曜日にお会いして詳しく話させてもらうことにしています」
部長:「金曜日か~ちょっと遅いな~」
私:「でも状況は話していますし、第一プロジェクトには参加できない可能性が高い旨は伝えてあります」
部長:「そうか、何て言ってた?」
私:「まじか~って驚かれてましたよ」
部長:「そうやろな~(困り顔)」
私:「とりあえず朝申し上げましたように、いろいろ考えたら残る方が賢明と思われますのでその方向で進めますが、あちらの件(昇格と昇給)は本当によろしくお願いします」
部長:「解ってます(笑)」
私:「では今週末は11日まで休ませてもらって12日に出社しますので、またよろしくお願いいたします」
部長:「はい、解りました。よろしく頼んどきます。お疲れさん」

なかなか私に辞めさせてくれない今の職場。
この先1年は、私にとって勝負の1年で、プレッシャーという重圧に押しつぶされそうになりながら結果を出していかなければならない大変タフな1年になりそうな予感です。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

snowball

そうなってしまいましたか・・・
私だったら先に見えてる転職先に
無理矢理でも行ってしまうだろうな。。
残されるスタッフのことまで考える
タウリンさんの責任感の強さに感服しました!
by snowball (2008-02-10 10:32) 

タウリン

yukiさん
コメントありがとうございます^^
人生なかなか思う通りにはいかないものだと痛感しています。
実は部長自身も経営サイドに本格的に身を乗り出す意向で、経理に関してはアドバイザーみたいな立場になる予定です。だから所詮私が残ったところで「崩壊」状態に陥るとは思うのですが、私がどれだけその「崩壊状態」を他部署など外に気付かれないようにごまかしていけるかがカギでしょうか^^;今は不安でいっぱいですが、やるしかないですね・・・あくまで元上司が了承してくれればの話ですが。。。
人生なかなか思うようにはいかないと思う反面、人生は自分の望む方向に行くようになっているとも思っていますので、私に与えられた環境や試練が私の進むべき方向だとも思っています。
自爆しないように「適当に」頑張りたいと思います^^
長々とすみません。。。
by タウリン (2008-02-10 12:14) 

MAIHINA

なかなか上手く思うようにはいかないですね・・・。ホテルをイチから立ち上げるのに参加できるのってすっごく魅力的と思ってましたけど・・・。
でもこれもこの先、タウリン一家がハッピーになるための道だと思って進むしかないですね^^;
元上司さんの了承が得られるように祈ってます☆
by MAIHINA (2008-02-13 12:22) 

タウリン

>MAIHINAちゃん
いよいよ明日(15日)の夜に元上司に会って話をするので、今後どうなるかはっきりするでしょう・・・あ、そうそうその前に今のボスにも具体的にどこまで出来るのか確認しなきゃね。ふぅ、どうなることやら。。。
by タウリン (2008-02-14 14:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。