So-net無料ブログ作成

アハ体験 [日記-日常]

アハ体験でした。

強引でしたけど、アハ体験をしました。

私が通勤で利用している一つのバス停が、
リニューアルされて、かっこよくなって広告を出せるようになっている。
広告の大きさは、だいたい縦1.5m x 横1mくらいかな・・・結構大きい。

で、今気になる広告がありまして・・・

広告というか、その広告のモデルを務めるモデルが気になるというか・・・

不純です^^;

その広告とは・・・

パッと見全然気付かなかったけど、
ネットで調べてMonica Bellucci(モニカ・ベルッチ)だった。。。
(ネットで調べたから強引にアハ体験)

うん、確かに嫌いな顔じゃない。ってか好きな顔立ちだと思う。

どうでもいいけど、キャサリン・ゼタ・ジョーンズの顔とかも好き。

これ系の顔、好みなのかな、多分。

でも、この広告のモニカは修正し過ぎじゃない?

キレイだからいいけど。。。

でも、ひとつ問題が・・・・

結構ちょっと見とれる感がある広告のモニカ、

実は私より4つも年上なんですよね~。。。


That's Life [日記-日常]

昨日ボーナスが支給された。

多くないけど、助かった。

日頃の赤字補填にほとんど消えていった。

でも、幸せ。


愛情 [日記-日常]

昨夜の星野監督の勝利インタビュー

監督が嬉しくて涙ぐんだシーンを見て

こっちまで胸がジ~ンと熱くなった。

頑張って最高の結果をだした選手たちを

本当に「よく頑張った。」って褒めていた。

わが子を思う親の気持ちと同じなのだろう。

選手に対するものすごい「愛情」を感じた。

「おめでとう!」


サクサクって数時間で [日記-日常]

サクサクって数時間で読み終わりました。

この私が、活字が苦手で半年前まで本は数ページ読んだら

眠ってしまっていたこの私が数時間で本を1冊読みました。

正直、今35歳なのですが、

生まれて35年目にして「読書って面白い」って気付きました。。。

か、かなりお寒い状況です^^;

昨日、本屋で衝動的に欲しかった本と一緒に購入した
私でも数時間で読破できた本はこれ↓

感動力 (サンマーク文庫 B- 106)

感動力 (サンマーク文庫 B- 106)

  • 作者: 平野 秀典
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2007/07/18
  • メディア: 文庫


興味がある方は,amazonにリンクしていますのでレビューをご覧くださいね。

ちなみに、誰も聞いてくれないので自分から言いますけど、
欲しかった本はこれです↓

戦略プロフェッショナル―シェア逆転の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)

戦略プロフェッショナル―シェア逆転の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)

  • 作者: 三枝 匡
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞社
  • 発売日: 2002/09
  • メディア: 文庫

これは、数時間でっていうワケにはいかないし、
じっくり読み進めていきたいと思います^^


ホスピタリティ [日記-日常]

勤務先の近くにマックがある。

さきほど一人で行って、

「(いつのもように)マックポーク2つください(200円)」と頼むと

その担当してくれた店員さんが、何かおっしゃった。。。

うまく聞き取れなかったので、もう一度言ってもらうと、

「お水、お付けしましょうか?」

暖かい心遣いのおかげでいつもよりちょっとおいしかった^^


景気づけ? [日記-日常]

天気もよかったし、久しぶりに家族でお出かけしました^^

公園で遊んで、夕食で行ったのは・・・

チャイナ梅の花

妻の再就職のお祝いにってことで贅沢しました。

味はやさしくておいしくて、雰囲気もよかったし
また行きたい、そんなお店でした。

で、その帰りに今度は日頃いい子の息子たちにサプライズで

レミーのおいしいレストラン

レミーのおいしいレストラン

  • 出版社/メーカー: ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
  • 発売日: 2007/11/14
  • メディア: DVD

これ買いました!

朝起きて二人が喜ぶ姿が目に浮かびます^^

で、妻も趣味の一つの住宅雑誌を2冊買いました^^

彼女、部屋の間取りとか見るの大好きで、
家が建てられた経過、それに伴う成功例、失敗例を
読むことが好きみたいです^^

とりあえず家など建てる予定はないのですが・・・

で、最後に私。

戦略プロフェッショナル―シェア逆転の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)

戦略プロフェッショナル―シェア逆転の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)

  • 作者: 三枝 匡
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞社
  • 発売日: 2002/09
  • メディア: 文庫


経営パワーの危機―会社再建の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)

経営パワーの危機―会社再建の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)

  • 作者: 三枝 匡
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞社
  • 発売日: 2003/03
  • メディア: 文庫


私だけこの2冊を買うのを断念しました。。。


転職の裏話 [日記-日常]

昨日妻を面接会場近くで車からドロップオフして
4歳10ヵ月と3歳2ヶ月の愛しの息子と一緒に
適当にドライブでもしながら時間を潰していたときの話。

運転している私に長男が

「パパ・・・おしっこ・・・。」って

股間を押さえながら涙ながらに訴えるではありませんか!

「なぬ~~!」っと思ったものの全然動揺していない様子で、

「我慢できるか?すぐトイレ連れて行ってやるからな。
我慢しろよ。頑張れ!」って言いながら長男を見ると

長男は「・・・うん。」って答えながらも涙目でもう限界って様子。

「これは間に合わないな。。。最悪、後で掃除か><。」って思った瞬間、

あと一口だけ残ってたパックのミルクティが目に入ってきました!

「お、これしかないね!」っていうことで信号待ちを利用して、

「よし、長男、ズボンを下ろしてここにしろ!早くズボン下ろせ!
そうそう、よし、いいぞ!いけっ!出せっ!」ってパックを長男の股間へ

おいおい、お前は本当に4歳10ヶ月の男の子か?ってくらい
じょぼじょぼかなり大量の放尿をしました^^

そして、安堵の笑顔を浮かべてちょっとだけ自慢げな
長男の顔が印象的でした。

そういうちょっとした事件もありながら無事妻をピックアップして
帰路に着いたのですが、少し成長したと思った長男、

帰りの車の中で「おもらし」していました。。。

おいおい、頼むから「おしっこしたい。」って教えてくれよ。。。

チャイルドシートの上だけだから、「ま、いいか。。。」


衝動買いされた本たち [日記-日常]

最近衝動買いした本たちです。

黙ってたら飽きっぽい私に読まれない可能性があるので
半ば強引にここに書きとめて、公開することで
ちゃんと読むように自分に軽くプレッシャーをかけたいと思います^^

経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)

経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)

  • 作者: 佐藤 雅彦, 竹中 平蔵
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞社
  • 発売日: 2002/09
  • メディア: 文庫


成功者の告白―5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語 (講談社プラスアルファ文庫)

成功者の告白―5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語 (講談社プラスアルファ文庫)

  • 作者: 神田 昌典
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/09
  • メディア: 文庫


稲盛和夫の実学―経営と会計

稲盛和夫の実学―経営と会計

  • 作者: 稲盛 和夫
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞社
  • 発売日: 2000/11/07
  • メディア: 文庫

本屋などの店頭には並ばないのでネットで購入した
「日経ビジネス-ホテル経済論2007年10月29日号」
一応ホテルマンですので・・・
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/backno/NB1414.html

まぁ、こんな感じで衝動買いをしてしまったわけです・・・

とりあえず日経ビジネスを読んで、
その後は気が向いた順で読みたいと思います。

内容は固そうで難しそうに見えますが、
実は小説っぽくなっていたり会話形式だったりで
活字が苦手な私でもスラスラ読める・・・はず。。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

次の本 [日記-日常]

もうすぐ読み終わる本はこれ↓

V字回復の経営―2年で会社を変えられますか (日経ビジネス人文庫)

V字回復の経営―2年で会社を変えられますか (日経ビジネス人文庫)

  • 作者: 三枝 匡
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞社
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 文庫

BOOKOFFで840円を450円で購入。

実話に基づいた会社の建て直しの物語。

ちょっと前に書いた「売るならだんごか宝石か」ってのも
面白かったけど、こちらも面白い本です。

他にも調子に乗って数冊購入したので、
しつこく紹介したいと思います。。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

活気はあるけど・・・ [日記-日常]

今朝、通勤で利用するバスでの話。

珍しく還暦を過ぎたようなおばちゃん連中が
5-6人乗ってきて、耳が悪いのか何なのか
ま~周りも気にすることなく小学生の遠足かってなくらい
大声で話しまくっていました><;

あまり気にはならないけど、ちょっとは考えてね。

で、30分くらいするとそのおばちゃん連中が

「暑い!暑いね~。」と騒ぎ出した。

た、確かに暑いけど、何十回も言わなくても解るし、
そんな言われると余計に暑くなるような気が・・・

「い、いや、でもちょっと待てよ。。。

確かに暑いわ、これ

ってか不快なほど暑いわ。。。

ちょっと運転士、クーラー入れてくれよ~。。。(悲痛の叫び)」

冷静になって考えると納得がいかないな~

このバス会社いつもいつも春と秋はエアコンをオフにするから
非常に乗り心地が悪いのを思い出した!

あ、あのね、経費削減かなんだか知らないけどね、
サービスの質を落としまくって利益を追求するのは
ど~かと思うよ~。なんで客が通常のサービスすら受けられないのに
同じ運賃を払わなきゃいけないの?
経費削減なら客と関係ないところで実施しなさい。

おばちゃんの声といい車内の熱気といい、
活気があるのはいいのだけれども。。。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。